収益物件は不動産に相談|ニーズに合った物件

集合住宅

慎重に物件を選ぼう

電卓

利回りは二の次です

株式投資と異なり、不動産投資は安定した収入を半永久的に確保することができます。但し、収益物件さえ持てば、安定した収入を得ることができるという時代は終わりました。なぜならば、人口が減少する時代に突入したからです。これからは闇雲に安い収益物件を買っていくというのではなく、多少高くても空室になりにくい収益物件を買っていくという姿勢が重要です。地方のボロ物件を購入して高利回りを得ている大家もいますが、すべての人が同じように高利回りを得られるわけではありません。特にサラリーマンやOLのように本業を持っていて、片手間で不動産投資をしようとしている人はまず地方物件は避けたほうが良いです。頻繁に現地に行くことができないからです。

吟味することが大切です

時間がない人には三大都市圏の中心部の収益物件がお勧めです。これらのエリアの収益物件であれば、賃貸仲介を行ってくれる不動産会社も積極的に扱ってくれます。また、今後は人口が集中するエリアと急激に減少するエリアに分かれていきます。三大都市圏の中心部は、人口が集中するエリアとして発展していきます。人が集まれば、入居者を見つけることも容易であり、空室になってもその期間は短くて済みます。収益物件で安定収入を得るには入居者がいることが大前提となります。目先の利回りや販売価格に飛びつかずに、賃貸ニーズのあるエリアなのか、これから発展していく可能性のあるエリアなのかを吟味しましょう。慎重な物件選びが不動産投資の成功につながります。

確認が重要です

グラフ

収益物件を購入する際には利回りや販売価格だけでなく、その収益物件の品質にもこだわりましょう。同じ築年数の収益物件でも、管理状況によって見た目も大きく変わってきます。現地調査のほか、修繕状況を確認しておく必要があります。

More...

賃貸ニーズを確認しよう

書類

中古ワンルームマンション等の収益物件を購入して資産運用をしようと考えているのであれば、複合的な賃貸ニーズがあるエリアに所在する収益物件を選びましょう。複合的な賃貸ニーズがあれば、空室が長引く可能性は低くなります。

More...

個人でも投資できます

つみ木の家

オフィスビルの家賃が上昇しています。この恩恵を受けようと考えているのであれば、オフィスビルのワンフロアを購入するよりも上場不動産投資信託に投資をしたほうがリスクが小さいです。オフィスビルのみへの投資に不安があるのであれば、オフィスビル以外の収益物件も取り入れた銘柄を選ぶとよいです。

More...